Skip to main content

疑惑のコラーゲン 食べてもあまり効果は見込めない?

mcengiz21 / Pixabay

「コラーゲンが美肌に効果があることを証明して!」と、美容にずいぶんと入れ込んでいる女性から調べもの依頼を受けました。

たしかに「コラーゲンたっぷり」という売り文句が書かれている商品を見かけることはあります。

ですが、既にヒアルロン酸と同じ匂いを感じるのは私だけでしょうか…。

とにかく、調べてみることにしました。

効果は明らかに疑われている

ただ検索するだけで、

「コラーゲン 効果ない」
「コラーゲン 効果 嘘」

といったキーワードが関連表示されます。調べ始めから、非常に雲行きが怪しい。

中でも、1ページ目で思わず目に入ったのが明治大学科学コミュニケーション研究所のサイト。

タイトルからして、冒頭の女性が悲しみそうです。

「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」

既に疑似科学扱いです。このまま調べていっても大丈夫なのでしょうか。

そもそも、コラーゲンとは?

まず、冒頭でコラーゲンとは何なのかを説明してくれています。

コラーゲンとはタンパク質の一種であり、骨、軟骨、皮膚、角膜など体内の多くの部位に分布している。

引用元:疑似科学とされるものの科学性評定サイト

人間が自らの体を維持するのに、必須なものであることはよくわかります。

しかし、「コラーゲンを食べることによる効果」という点で見ていくと、効果が怪しいこともこのサイトには書かれています。

効果についての疑惑…

たとえば、コラーゲンの広告でよく見かける「翌日に肌がプルプル!」といったものがある。しかし、たとえコラーゲンに美肌効果があったとしても、肌は1ヶ月かけてターンオーバーするため、翌日に実感できる効果が表れることはない(7)。

引用元:疑似科学とされるものの科学性評定サイト

ここまではっきりと否定されていました。

たしかに「コラーゲンたっぷりの○○を食べたから、肌の調子が良い」といった類の売り文句を見たことはあります。

しかし、これは広告が作り出したイメージ戦略の成果なのでしょうね。

よくよく思い出してみれば、食品のパッケージなどでも「コラーゲン何千グラム配合」などは書いてありますが、それがどう作用するのかは書いていないものです。

それもそのはず、薬ではないのですから、効果・効能を謳えないのです。

そして、コラーゲンが体に及ぼす影響は「その程度なのだ」と理解しておいてちょうどよいのです。

長期的に摂取した場合は?

しかし、長期的に継続的に摂取し続けた場合はどうなのでしょうか。

調べてみると、こちらも研究者が調べた結果がいくつか出てきます。

コラーゲンナビ

まさにコラーゲンの味方をするサイトです。

ポジショントークであることも考慮しながら読み進めていくと、このような研究が紹介されています。

1日5gのコラーゲンペプチドを4週間摂取することで、30歳以上の被験者では、肌の角質水分量の上昇が認められました(大原ら 日本食品科学工学会誌 56, 137-145, 2009)。

引用元:そうだったんだ!コラーゲン!!~コラーゲンが効くメカニズム解明~

ようやく、効果があるという根拠が出てきました。

実際、上記以外にも効果があることを主張する論文は存在します。

しかし、一口にコラーゲンと言っても、専門家が厳密に見ていくと、様々な種類があるとのこと。

しかも、それぞれに役割も違うといったこともこのサイトには書いてあります。

残念ながら「わからない」が結論

とはいえ、まだまだ研究段階であることも事実。このことも合わせて記載されています。

このあたりは、研究者として非常にフェアな書き方をしてくれていますね。

ある意味、「コラーゲン擁護派」とも言える立場の人が発するこの言葉が最も現状を表しているのではないでしょうか。

コラーゲンペプチドは、まだまだわからないことが一杯あります。

引用元:http://collagen-net.com/publication/event/report2014no04

そう、まだまだわかっていないのです。

一方、先に紹介した「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」での結論は、コラーゲンについてはかなり手厳しい。

総評

疑似科学~未科学

引用元:疑似科学とされるものの科学性評定サイト

効果を主張できるほどの根拠がないというのが現状でしょう。

わざわざ買うほどのものではない

疑似科学とははっきり言えば「間違った科学」です。

コラーゲンを食べることによる効果は、悪ければそのレベル。

良くても「科学的にまだよくわからない」という程度のものに過ぎないのです。

現時点ではわざわざ費用をかけてまで、特別なサプリメントなどを購入することはとてもおすすめはできません。

今後の研究成果次第では結論も変わるかもしれませんが、それは研究者が仕組みを解き明かしてくれてからになります。

今回の相談者に、調べた内容をお伝えするのは気が引けるなぁ。

健康を求めて商品を買う前に、必ず一度は見ておくべき3つのサイト