Skip to main content

火災保険として「パーフェクトライフ」に加入している人は損をし続けているかもしれない

火災保険

賃貸物件に住むには、火災保険への加入が必要となる場合が多くあります。

この火災保険、ほとんどの方は不動産仲介業者から言われるがままに加入しているのではないでしょうか。

一つひとつ調べないと、よくわからないものにまで加入させられているというもの。

携帯電話の契約と似たようなものですね。

更新の案内が来てから、詳しく調べてみると、実は私もその一人だったことがわかりました。

たまたまこの記事にたどり着いた方で、私と同じ境遇の方がおられたら、少しでもお力になれれば幸いです。

私は火災保険に払う金額が半額以下になりました。

加入していた火災保険に不信感を持った理由

更新月を迎える頃、保険会社から契約更新の書類が届きました。

しかし、その封筒が「無地の茶封筒」です。

茶封筒

これと非常に似たものを何度か見たことがあります。

アダルトDVDなどのチラシが入ったDMです。

たまにポストに入れられているので、すぐに捨てています。

この封筒、あまりに雰囲気が近かったので、思わず捨てるところでした…。

送ってきたのは株式会社オリンポス

裏面を見ると、さすがに会社名の記載はありました。

封筒の裏

送り主は「株式会社オリンポス」とのこと。

本当に存在するのかどうかすら、疑わしいので、早速検索してみます。

http://olympos.jp/

一応、会社のサイトはすぐに見つかりました。

しかし、光回線の敷設やWEBサイト制作、水光熱の契約代行くらいしか書かれていません。

保険のことは全く触れられていないのです。

これは会社の方針として、「保険商材については情報発信をする気がない」ということだと私は理解しました。

本業の傍らでやっているだけなのでしょう。

そのような会社に最も有用な保険商材を見定める目があるとは、私にはとても思えません。

返信封筒の印刷もいい加減

火災保険の更新をした場合は、代理店であるこの会社に個人情報を送ることになります。

その際の返信用封筒が同封されているのですが、それがこちら。

返信用封筒

会社名、切れてるし…。

これ送ったらちゃんと届くのでしょうか?

封筒から醸し出される安っぽさに加えて、このいい加減さ。

いよいよ、怪しくなってきました。

次は保険商材を提供している会社も調べる

保険商材「パーフェクトライフ」を提供している大本の保険会社も気になってきました。

調べてみると、一般社団法人あんしん認可特定保険が提供しています。
http://anshin-tokuho.com/

こちらも、これまた何らかの情報を伝えようという姿勢が全く見えないサイトです。

書かれているのは商品一覧ページで、

●補償内容

*家財補償
*家財盗難補償
*借家人賠償責任補償
*個人賠償責任補償
*修理費用補償
の5つの補償をカバーした賃貸入居者様向けの家財補償です!

引用元:http://anshin-tokuho.com/service.html

と触れられているだけです。

自社の商品に思い入れがあればあるほど、雄弁になるもの。

情報を発信する素振りすらないのは、どうにも解せません。

補償内容は他社と大差ないのに高額

実際に他社の火災保険と比べてみました。

価格も明記してあって比較しやすかったのがこちらの保険です。

日新海上火災「お部屋を借りるときの保険」

WEB上で手軽に加入できるのも特徴の一つ。

クレジットカードさえあれば、翌日から加入可能です。

開始日をある程度、指定することもできます。

補償内容についても、先の2社のサイトに比べると、はるかに丁寧に書いてくれています。

というより、これが普通でしょう。

現行の保険との比較を表にすると、このようになりました。

比較表

保険料が高い割に、修理費用や個人賠償責任の補償金額が少ないのです。

特に他人に迷惑をかけないために必要となる個人賠償責任額に8000万円も差があるとは…。

見直しの結果、他社への切り替えをあっさり決定

2年契約で22000円の保険料が、1年ごとの更新で毎年4000円(2年でも8000円)となりました。

我が家には元々あまり物がないので、家財補償の額は最小の100万円で十分です。

その他の補償内容に大きな違いはなかったので、乗り換えない手はありませんでした。

結局、保険料を大きくするのは、家財補償の金額なのです。

高級な家財をそろえておられる家庭だと必要な金額も上がってくるでしょうが、あまり物を必要としない私たちには不必要な保険の内容でした。

火災保険に関しては、こちらのサイトがとても参考になりました。

賃貸の火災保険:大家・不動産屋が勧める保険は相場より高い。自分で安いものを探すべき。

まったくもって、タイトルの通りです。

賃貸住宅の火災保険料“2万円/2年”は妥当なのか?

こちらも非常に参考になる記事です。

手厚い補償は人によっては必要ですが、必要ない人も多々おられます。

火災保険「パーフェクトライフ」については、Yahoo知恵袋で相談している方もおられました。

今回、引越しを初めてするのですが、重要事項説明時に「火災保険」だと思っていたのが「パーフェクトライフ」(パーフェクトライフ保障)への加入だと初めて知らされました。

不安を覚える方が自然なような気がします。

何かの抱き合わせで、ついでに契約させてくるものは要注意

なんでもそうですが「申し込みにはこれも必須」と言われるものについては、注意が必要ですね。

重々気を付けた方がよさそうです。

今回、とてもいい勉強になりました。

いい加減な雰囲気を醸し出すDMを送ってきてくれた会社に感謝するばかりです。