Skip to main content

コラーゲンは塗っても効果を期待できない?

jniittymaa0 / Pixabay

「…でも…だったら、コラーゲンを肌に塗ることは意味があるんですよね?」

前回、調べもの依頼をくれた女性から、再度依頼を受けた。コラーゲンは食べたところで、あまり効果を期待できないことが前回わかってしまった。

そのことをお伝えしたところ、困り顔の相談者から言われたのが冒頭の質問だ。

ネット上の評判は既に悪い

いつものように検索すると、これまた悲しいキーワードが並ぶ。

「コラーゲン 塗る 効果ない」
「コラーゲン 塗る 意味ない」

今回の相談者からは、もう二度と依頼をされないことも覚悟した方がいいかもしれないな。

そもそも、肌からコラーゲンが吸収されない?

コラーゲンを塗ったところで効果がない理由を美容整形を専門とする医療法人立花クリニックは、こう書いている。

コラーゲンが配合された化粧品や飲料なども販売されていますが、人間の皮膚は簡単に異物を侵入させることはしないので、コラーゲンを外から塗っても皮膚の中には入っていきません。

医療法人立花クリニック:http://www.tachibana-cl.com/aging/lp/supercollagen/

肌に塗ったところで、表面にコラーゲンが乗るだけで吸収されないというのだ。このことに言及しているのは、このサイトだけではない。同様の情報は、他にもたくさん出てくる。

皮膚に直接塗ったコラーゲンはどうでしょうか。タンパク質は皮膚から直接吸収されないので、塗ってもコラーゲンの補充にはなりません。

引用元:医療法人徳洲会 新庄徳洲会病院

Vol.38 コラーゲンは食べても塗ってもお肌は若返りません!

上記は、医療法人徳洲会 新庄徳洲会病院のサイト。どうやら皮膚に関する専門家にとっては、ごく当たり前の情報のようだ。

皮膚が持つバリア機能

言われてみれば当然だが、肌に触れたものをなんでもかんでも吸収するようでは、細菌だらけで有名な携帯電話を使っているだけで、人体が汚染されてしまう。

携帯電話は細菌だらけ、トイレの便座の10倍汚い!

日頃そのようなことにならないのは、人体が持つ「皮膚のバリア機能」が堅固だからだ。しかし、このバリア機能をなんとか乗り越えようと日夜研究を続けている人々がいる。特定の患部に必要な薬剤を届けたい製薬メーカーだ。

皮膚から吸収される成分の特徴とは?

治療を目的として、体内に必要な薬剤を届けようとしても、皮膚が持つバリア機能に阻まれる。人体に悪影響を及ぼさずに、皮膚の奥へ吸収させる方法を探し続けているのだ。

皮膚科学に特化するある製薬メーカーマルホ株式会社のサイトを見ると、さすがにいろいろと詳しく書いてある。医療関係者向けのあるページには、皮膚に吸入されやすい薬の特性が書かれている。

経皮吸収されやすい主薬の特性

  • 分子量が小さい(分子量が500以下)
  • 脂溶性が適度に高い(油水分配係数*が1~4(理想は2~3))

マルホ株式会社:基礎からわかる外用剤

では、コラーゲンはどうか。実は、一つ目の条件すら乗り越えられないのである。

コラーゲンが吸収されない理由

コラーゲンの分子量

分子量が30万もある巨大なコラーゲン分子が表皮というバリケードをくぐりぬけ、真皮の中まではいるとは考えられません。

医療法人社団 鳴海クリニック:http://www.narumi-clinic.jp/cr_show.html?id=76&no=12

コラーゲンを塗っても皮膚の上に乗るだけに過ぎず、吸収はされないのだ。

しかし、化粧品メーカーも黙ってはいない。今度は、「低分子コラーゲン」なるものを開発している。技術的に加工を加え、分子量の小さいコラーゲンを開発したのだ。

それでも、まだ皮膚から吸収されるにはもう一つの条件「脂溶性の適度な高さ」がある。簡単に言えば、適度に脂に溶けることだ。さて、この点でコラーゲンはどうなのか?

皮膚は表皮・角質が物理的にも壁を作っていますので、脂溶性の物質には吸収されるものもありますが、水溶性の成分であるコラーゲンは吸収されません。

南青山スキンケアクリニック皮膚科医師運営:美肌クリニック

悲しい結論である。

コラーゲンは皮膚から吸収されない

結局のところ、コラーゲンは皮膚から吸収するには、分子量が大き過ぎてそもそも皮膚入っていかない物質なのだ。その上、水溶性でもあるため浸透もしていかない。これでは美肌効果など、とても期待できない。

塗ることによる一つの効果

しかし、一つだけ確かな効果がある。保湿性だ。

皮膚の表面に塗ることで一時的な保湿効果はある。ただ、これはあくまで一時的なもの。必要に応じて活用できる場面もあるだろうが、根本的な解決には程遠いと言わざるをえない。

塗っても食べても効果を期待できないコラーゲン

あちこちの店頭に並ぶコラーゲン配合商品はいったい何なのだろうか。

私のような素人が少し調べただけで、効果を期待できないことがよくわかる。専門家でもあるメーカーの研究者に、このことがわからないわけがない。

研究職に従事する方々が自社製品をどのように感じているのか、一度聞いてみたいものである。

疑惑のコラーゲン 食べてもあまり効果は見込めない?

mcengiz21 / Pixabay

「コラーゲンが美肌に効果があることを証明して!」と、美容にずいぶんと入れ込んでいる女性から調べもの依頼を受けました。

たしかに「コラーゲンたっぷり」という売り文句が書かれている商品を見かけることはあります。

ですが、既にヒアルロン酸と同じ匂いを感じるのは私だけでしょうか…。

とにかく、調べてみることにしました。

効果は明らかに疑われている

ただ検索するだけで、

「コラーゲン 効果ない」
「コラーゲン 効果 嘘」

といったキーワードが関連表示されます。調べ始めから、非常に雲行きが怪しい。

中でも、1ページ目で思わず目に入ったのが明治大学科学コミュニケーション研究所のサイト。

タイトルからして、冒頭の女性が悲しみそうです。

「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」

既に疑似科学扱いです。このまま調べていっても大丈夫なのでしょうか。

そもそも、コラーゲンとは?

まず、冒頭でコラーゲンとは何なのかを説明してくれています。

コラーゲンとはタンパク質の一種であり、骨、軟骨、皮膚、角膜など体内の多くの部位に分布している。

引用元:疑似科学とされるものの科学性評定サイト

人間が自らの体を維持するのに、必須なものであることはよくわかります。

しかし、「コラーゲンを食べることによる効果」という点で見ていくと、効果が怪しいこともこのサイトには書かれています。

効果についての疑惑…

たとえば、コラーゲンの広告でよく見かける「翌日に肌がプルプル!」といったものがある。しかし、たとえコラーゲンに美肌効果があったとしても、肌は1ヶ月かけてターンオーバーするため、翌日に実感できる効果が表れることはない(7)。

引用元:疑似科学とされるものの科学性評定サイト

ここまではっきりと否定されていました。

たしかに「コラーゲンたっぷりの○○を食べたから、肌の調子が良い」といった類の売り文句を見たことはあります。

しかし、これは広告が作り出したイメージ戦略の成果なのでしょうね。

よくよく思い出してみれば、食品のパッケージなどでも「コラーゲン何千グラム配合」などは書いてありますが、それがどう作用するのかは書いていないものです。

それもそのはず、薬ではないのですから、効果・効能を謳えないのです。

そして、コラーゲンが体に及ぼす影響は「その程度なのだ」と理解しておいてちょうどよいのです。

長期的に摂取した場合は?

しかし、長期的に継続的に摂取し続けた場合はどうなのでしょうか。

調べてみると、こちらも研究者が調べた結果がいくつか出てきます。

コラーゲンナビ

まさにコラーゲンの味方をするサイトです。

ポジショントークであることも考慮しながら読み進めていくと、このような研究が紹介されています。

1日5gのコラーゲンペプチドを4週間摂取することで、30歳以上の被験者では、肌の角質水分量の上昇が認められました(大原ら 日本食品科学工学会誌 56, 137-145, 2009)。

引用元:そうだったんだ!コラーゲン!!~コラーゲンが効くメカニズム解明~

ようやく、効果があるという根拠が出てきました。

実際、上記以外にも効果があることを主張する論文は存在します。

しかし、一口にコラーゲンと言っても、専門家が厳密に見ていくと、様々な種類があるとのこと。

しかも、それぞれに役割も違うといったこともこのサイトには書いてあります。

残念ながら「わからない」が結論

とはいえ、まだまだ研究段階であることも事実。このことも合わせて記載されています。

このあたりは、研究者として非常にフェアな書き方をしてくれていますね。

ある意味、「コラーゲン擁護派」とも言える立場の人が発するこの言葉が最も現状を表しているのではないでしょうか。

コラーゲンペプチドは、まだまだわからないことが一杯あります。

引用元:http://collagen-net.com/publication/event/report2014no04

そう、まだまだわかっていないのです。

一方、先に紹介した「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」での結論は、コラーゲンについてはかなり手厳しい。

総評

疑似科学~未科学

引用元:疑似科学とされるものの科学性評定サイト

効果を主張できるほどの根拠がないというのが現状でしょう。

わざわざ買うほどのものではない

疑似科学とははっきり言えば「間違った科学」です。

コラーゲンを食べることによる効果は、悪ければそのレベル。

良くても「科学的にまだよくわからない」という程度のものに過ぎないのです。

現時点ではわざわざ費用をかけてまで、特別なサプリメントなどを購入することはとてもおすすめはできません。

今後の研究成果次第では結論も変わるかもしれませんが、それは研究者が仕組みを解き明かしてくれてからになります。

今回の相談者に、調べた内容をお伝えするのは気が引けるなぁ。

健康を求めて商品を買う前に、必ず一度は見ておくべき3つのサイト

求人広告を出す前に、せめて紹介依頼をしよう

geralt / Pixabay

すぐに実施が可能でしかも費用もかからないのに、実施している会社は意外と少ない採用方法があります。

あえてコストを挙げるなら一つだけです。

それは、社長のプライド。

このコストを投じて、やることは非常に単純です。

「現存する社員に人の紹介を依頼する」だけなのです。

「なんだ、そんなことか」と思った方もいるでしょう。

しかし、そんなことすらしていないからこそ、求人広告会社に費用を吸われ続けてしまうのです。

もっとも、費用を無駄遣いがご希望であれば止めはしませんが、せっかくお金を使うなら社員の給料に回してあげた方が有効ではないでしょうか。

紹介を受けるための必須条件とは?

社員から人材の紹介を受けるために必須の条件があります。

「社長が直々に社員へ頭を下げてお願いする」ことです。

これができれば、採用がうまくいく可能性が劇的に上がります。

例えば、下記のようなメッセージを全社員に向けて、話すことができるでしょうか?

「人口減少が続く日本において、求人広告を出しただけでは必要な人手を確保できなくなってきました。

経営者として、今後も際限なく求人広告費に金をかけ続けるより、社員に利益をもっと還元したいと強く思っています。

そこで、会社を継続して運営してくために必要な人材として友人・知人で当社に合いそうな人がいたら、紹介してください。

紹介料も払いますので、どうか力を貸してください」

上記はあくまで一例に過ぎません。しかし、これができる社長は極めて少ないものです。

日ごろ経営者として先陣を切っている矜持があるのだから当然でもあります。

ただ、自分の力だけでは限界があることも身に染みてお分かりのことと思います。

社長に全てを任せているだけで万事がうまくいっている会社は紹介依頼などしなくてもいいでしょう。

社長が「生存している間だけ」は安泰なのですから、今しばらくはそのままで問題が噴出することもないでしょう。

しかし、何でも解決できる「神様」のような万能な社長は決して多くはありません。

このあたりは経営者同友会や商工会のような経営者が集まる場に行くとよくわかります。

どの社長も真剣に苦悩を抱えています。

私たちは人間なのだから、当然です。

だからこそ、社員のみなさんに協力を請えばいいのです。

同じ仲間なのですから…。

紹介が出てきた時に聞いておくべき「質問」とは?

紹介依頼をして、何人かの紹介がある会社は社員との人間関係が良いものです。

組織の風通しもいいのかもしれません。

その場合、求職者を紹介してくれた社員に聞いておくと有益な質問があります。

「大切な友人・知人をなぜ会社に紹介しようと思ってくれたのですか?」

この問いに対する答えを集めていけば、社長や経営陣が思ってもみなかった会社の強みが現れてくることでしょう。

ぜひその点を大切にしながら、さらに伸ばしていってください。

紹介が全く出なかったときは、どうすればいいのか?

問題なのは、紹介依頼をしても全く紹介が出てこない場合です。

社長の紹介依頼の仕方が悪い場合は論外として、まずは紹介依頼に失礼がなかった時のことを考えてみましょう。

おそらく社員はこう考えていると想像できます。

「社長の言うことはわかるし、紹介もやぶさかではない。だが、こんな状態の職場に大事な友人・知人を巻き込むわけにはいかないよなぁ…」

これは実際に社内で紹介依頼を受けて、紹介しなかったとある社員さんが漏らした本音です。

全く紹介依頼が出ない場合、会社の現場は何か致命的な不具合を抱えている可能性が高い。

それを放置したままで、求人広告を打ち続けても何の解決にも繋がりません。

仮に採用できたとしても、すぐに離職されるのがオチだからです。

そして、また求人広告を打つことになります。

安直な打ち手を繰り返すだけのまさに「対症療法」に過ぎません。

必要なのは、根本から改善を図る「根治治療」です。

根っこにある「致命的な何か」を明らかにする必要があるのです。

そのために有効なものが「無記名の社内アンケート」だ。

現場の社員の声を集める無記名アンケート

現場のことは現場の社員が一番よく知っています。

だから社員に聞けばいいのです。

しかし、いくら事実を明らかにするためとはいえ、会社の悪いところや場合によっては特定の人物の改善点を暴くのは誰でも気が引けるものです。

だからこそ「無記名」である必要があるのです。

当然ながら無記名にすれば全てが解決されるわけではありません。

しかし、少なくとも記名式で建前だけの意味不明な意見を集めるよりは有効です。

無記名の社内アンケートが会社を救う

私の友人が勤めている会社での実話です。

長らくアルバイトの定着が非常に悪い状況でした。

社長には理由がわからなくて、「時給が低いせいなのだろうか…」と頭を抱えていたそうです。

しかし、とあるきっかけから社内で無記名のアンケートをとってみると、想定していたものとは全く違う声が上がってきたのです。

いじめです。

社長はアンケートに書かれていたこの三文字の言葉に愕然としていました。

この状況を所属長ですらもはっきりとは認識していなかったようです。

即刻社長が対応に動くと、定着率が大幅に改善したとのこと。

わかってしまえば、当然の結果です。

見えていない社内の環境を知るためには無記名アンケートが有効

人間は万能ではありません。

やり手の社長とはいえ、全てを自分で管理しきれるわけではありません。

社長が見えないところは、サポートをしてもらう必要があります。

そのためのきっかけを社内の無記名アンケートは担ってくれます。

ただし、無記名アンケートをとっても何もしないつもりであれば、アンケートはとらない方がいいのは明らかです。

「うちの経営陣は、問題がある現状を把握したにもかかわらず、何もしない信用ならない奴らだ」となってしまっては、取り返しがつきませんから。

とはいえ、そのような会社はどのみち働き手がいなくなって消滅するわけですから、放っておいても問題はないのかもしれませんが…。

もし求人募集でお困りの経営者・採用担当者がおられたら、一度でいいから、社内で紹介依頼をしてみることを強くおすすめします。

余計な金は一切かかりません。

ただ、真摯に依頼をすればいいだけです。

紹介が全く出なかった時の社内アンケートのテンプレ・ひな形

紹介が一切出ない時、どのようなアンケートをとればいいのかに困る会社も多いことでしょう。

私が使っている無記名アンケートを下記に公開しておきます。

興味があればどうぞお使いください。

人材紹介依頼のための 社内アンケート①

人材紹介依頼のための 社内アンケート②

 無記名の社内アンケートの具体的な使い方

まずは「社長から紹介依頼を全社員にする」を実施します。

その後、1ヶ月は待つといいでしょう。

その間、週に1度は社長から全社員に紹介依頼のメッセージを伝え続ける必要はあります。

人は一度言われただけでは忘れるものですから。

そして、最初の紹介依頼から2ヶ月ほど待っても、全く紹介がなければ無記名アンケートの出番となります。

そこで、まずは①のアンケート「仕事を探している友人・知人に(自社)を紹介したいですか?」です。

この問いに対する答えに「いいえ」が多いようなら、紹介依頼をしても効果は見込めないでしょう。

加えて、求人広告を使って募集をしてもすぐに離職が発生することも目に見えています。

それでもとりあえず人を確保することが必要になることもあるでしょう。

しかし、残念ながらそれだけでは何も解決しません。

延々と求人広告会社が喜ばせるだけになってしまいます。

そうならないために、①のアンケートには理由を書く欄を設けています。

そこで社員の本音が少しは垣間見えるはずなのです。

そして、その中の一つでいいので、社員と一緒になって解決に動くことです。

ネッツトヨタ南国のように、アンケート結果を社内に貼り出せば、全社員と共有もできます。

もはや情報は経営陣だけのものではありません。

①で見えてきた問題について、何か一つでも解決に動き出せたら、②のアンケートの実施時期です。

設問は「この会社で働き続けている理由はなんですか?」というものです。

①では不満がたくさん集まるかもしれませんが、それでもなお働き続けているのも事実です。

続けるからには何か理由があるはずです。

それがわかれば「どんな人に来てもらえればいいのか?」「会社を求職者へどのように紹介すればいいのか?」などが見えてきます。

一度でいいから試してほしい

最後までこの記事を読んでくださった方は、だまされたと思って社内の声に一度耳を傾けてみてください。

回収したアンケート結果を見て「社員がこんなことを考えていたなんて…全く気付いていなかった」とショックを受ける経営者も少なくありません。

しかし、そこから劇的に会社を変えていった社長を何人も知っています。

会社に関わる全ての人々にとって、良い会社が増えることを切に願っています。

ヒアルロン酸サプリメントに効果は見込めるのか?

Gadini / Pixabay

「新聞の広告で『ヒアルロン酸』の健康食品を見かけたんだが、効果あるのかな? どうも最近ひざが痛くて…」
という相談を受けました。

ありがたいことに、私はひざなどの関節に痛みはありませんから、この類の広告は全く目に入っていませんでした。

今回依頼をいただいて、初めて興味を持ち、調べてみました。

口からヒアルロン酸を摂取しても効果がない

とりあえず、検索してみます。

いつものように雑多な情報が出てきますが、ひとまず上から順番に見てみましょう。

一番上に表示されたのは、美容皮膚科 五本木クリニックの記事です。

ヒアルロン酸の効果と副作用を詳しく知ってからご使用ください、失敗しないために!

豊富な専門知識に基づいて詳しく書いてくれています。さすがは医師。

私の知りたがりの虫が刺激されて、思わず他の記事も読み込んでしまいました。

さて、今回の主題であるヒアルロン酸についですが、

■飲むヒアルロン酸(サプリメント)は効果ありません

引用元:ヒアルロン酸の効果と副作用を詳しく知ってからご使用ください、失敗しないために!

とはっきり書かれています。

調べ始めてすぐに否定的な意見に出会ってしまいました…。

今回の調べものは、相談者が喜ぶ結果にはならなさそうな予感です。

上記のサイトによると、ヒアルロン酸は人体に必要な成分であることは確かです。

しかし、口から取り入れても効果は見込めないとのこと。

その詳しい理由もこの記事では書かれています。

このサイトは相談者にもご紹介しておきましょう。

効果があるという医学的証明はない

五本木クリニックの次に表示されたのは、wikipediaです。

このサイトは内容がアテになるときもあれば、見当違いも甚だしいときもあります。

とはいえ、読み物としてみればなかなかにおもしろいものです。

参考程度に見てみると、ヒアルロン酸のページにわざわざ「経口摂取」という項目が設けられています。

その結論には…

医学的に効果を証明されていない

引用元:Wikipedia – ヒアルロン酸

Wikipediaにすらここまで書かれるようでは、わざわざサプリメントを買う必要はないでしょうね。

ヒアルロン酸の本来の使い方

Wikipedia以降の検索結果も見てみると、ヒアルロン酸には本来の使い方があるようです。

直接関節に注射したり、皮膚に塗ったりすることです。

これらは医薬品としてのヒアルロン酸を作っているメーカーのサイトを見れば、よくわかります。

例えば、科研製薬株式会社。

医療の現場でヒアルロン酸がどのように使われているのかを垣間見ることができます。

ヒアルロン酸と関節痛の情報サイト

注射や塗布といった使い方が紹介されています。

というより、それだけです。

サプリメントのような形で口から摂取する話は一切出てきません。

そのために作っていないのですから当然です。

ヒアルロン酸商法は決して新しくない

他のサイトをいくつか読んでいる中で、このようなサイトも見つけました。

・米島勉のセカンドオピニオン

ヒアルロン酸は飲んでも効かない―なぜこんなものが横行するのか

飲むヒアルロン酸ではなぜ効果を見込めないのかを詳しく説明してくれています。

中でも、私が「あれ?」と思ったのが日付です。

記事の投稿日は、2008年なのです。今から8年も前です。

この頃からすでにヒアルロン酸サプリメントは効果が疑問視されていたのですね。

にもかかわらず、いまだに新聞広告が掲載されていることに驚きを隠せません。

サプリメントメーカーは、よほど儲かっているのでしょうねぇ。

この事態をメーカーの研究者はどう思っているのでしょうか…。

研究者であれば口からヒアルロン酸を摂取しても大して効果がなことはよくわかっているはずです。

仕事だからと割り切っているのでしょうか。一度その本音を聞いてみたいところです。

費用に見合う効果は見込めない

相談者には「費用に見合う効果は見込めないから買わないことをお勧めしますよ」と返事をしました。

本人も怪しいなと思ってはいたようで、あっさりと諦めていました。

そもそも大して効果を見込めないからこそ、医薬品にはならずサプリメントにしかならないのです。

人体に対して何らかの明らな影響を与えるなら、それはすでに薬物です。

そんなものが横行すると危ないから規制の対象となっているのです。

良くも悪くも体に影響を与えないからこそ、サプリメント・健康食品として放置されていると理解するのが妥当でしょう。

健康を求めて商品を買う前に、必ず一度は見ておくべき3つのサイト


参考サイト
美容皮膚科 五本木クリニック
wikipedia – ヒアルロン酸
ヒアルロン酸と関節痛の情報サイト
米島勉のセカンドオピニオン

吾輩は調べもの好きである。

DariuszSankowski / Pixabay

私は知らないことを知るのが大好きです。

知らないことを知ることに、ただただ喜びを感じるのです。しかし、この気質がたまに人の役に立つことがあります。「○○について調べてください」「これって本当ですか?」という調べものの依頼を個人的に受けるのです。

素人の私にわかることなんて、たかが知れているのですが、その都度自分なりに調べて根拠を示しながら、現時点の仮説をお伝えするようにしています。

他者が提供してくれる調べもののテーマは、たいていの場合私が一切知らなった分野であることがとても多いものです。そこは、私にとって知らないことの宝庫です。

未知のことがらを一つひとつひも解いていくような過程に、私はなぜか無性におもしろさを感じるのです。

今やインターネットのおかげで、誰でも簡単にさまざまな知識に触れることができるようになりました。ほとんどの人が持ち歩く携帯端末を使えば、情報の検索は誰にでもできるです。

たしかにネット上には情報の真偽が怪しいものも多いが、日常生活で必要となる情報は、おおよそ得られるのではないでしょうか。

ネットの情報では物足りず「もっと詳しく知りたい」と思えたら、本屋に行けばいいのです。そこには数多の書籍が並んでいます。

より専門的なことを知りたければ、数千円で知識を得られてしまうのです。多少古い本であれば、図書館で誰でも借りることもできます。それも無料で。

さらにもっと深く知りたいと思った時には、専門家が大変な労力と知恵を絞った学術論文にあたることも可能です。その一部はインターネット上に公開されていますから、実は誰でも読むことができるのです。日本にいながらにして、海外の論文も読むこともできます。

このサイトは、調べもの好きな素人が何かを調べ続ける記録です。

とはいえ、所詮は素人なので、研究の最前線にいる研究者・専門家には遠く及びません。的外れな内容も多いことでしょう。サイトの内容を参考にするかどうかは、読者にお任せします。

知ることに喜びを感じる私にとって、さまざまな知識にたどり着ける現代の環境というのは実にありがたいものです。毎日飽きもせずに、知らないことに関する情報を集めては、一人で勝手に楽しんでいます。

そんな「ただの知りたがり」である私の勝手が誰かの余興になれば幸せです。